株式会社サイブリッジ 代表取締役 水口翼のオフィシャルブログです。

21世紀生まれの情報教育

2005.04.09


  

娘はいま2歳8ヶ月なんですが、すでにネットにハマっています(笑)写真はおかさんといっしょのサイトのフラッシュで遊んでいるところと、どらえもんチャンネルのゲームで遊んでいるところです。

まだ日本語が読めないうちの娘ですが、すでに青い文字やボタンの形になっている所はマウスでクリックできるというハイパーテキストの概念は理解しています。(戻るボタンで戻れる事も理解してます)

  • コンポの再生ボタンを押せば音楽が流れる。
  • テレビのコントローラーで電源を入れて数字を変えればチャンネルが変わる。
  • PCの電源を入れて起動させIEのアイコンをクリックすればインターネットにつながる。

娘にとっては全て同じことみたいです。

蛇口をひねれば水が出るのと同じ感覚で、デジタル化された情報がネットワークでつながっている事が生まれた時から当たり前な世代。

あぁ、これが21世紀生まれなんですな。

社会環境の変化が子供の成長過程において多大な影響を与えるという事は間違いないことです。自己の価値観が形成される前から2chを見る世代に対してどう教育を行っていくのか?これは親として、社会としてきちんと考えていかなければいけない問題だと思いますです。


関連記事

コメントは利用できません。