株式会社サイブリッジ 代表取締役 水口翼のオフィシャルブログです。

家内制手工業における生産効率の向上ついて

2007.03.18


構造不況の中、企業が利益率の改善を図るためには生産効率の向上が不可欠です。
効率化、最適化という言葉は非常に好きな言葉で、なんだか毎日のように使っているような気もします。
さて、今日の出来事ですが、4歳になるうちの娘が「ゆびわ屋さん」をはじめました。
もちろん表参道に出店したとかそういう事ではなく、スーパーのチラシを縦にハサミで切って、テープで貼り付けて作るゆびわ屋さんです。子供らしいですね。パパにもいくつか作ってくれました(1個 100円でー、などと言ってました・・)。
で、このちびっ子 指輪屋さん、最初のうちは1枚ずつ紙を切って、指輪を作っていたのですが、だんだんと短期間でいかに大量の指輪を作るかという事に主旨を変えたみたいで、1枚のチラシを先に丸めて、必要箇所にセロテープを貼り付け、最後に指輪形に切るという事に作業工程に変わりました。
誇らしげに
「こんなに簡単にたくさん作れる」
なんて言ってます。
親バカ視点で言えば、作業工程を改善し、生産効率の向上を図ったわけです。
どこの家でも見られる当たり前の風景なんでしょうけど、親としては娘も生産効率の向上に関心を持ってると思うとなんだかうれしいものですね。
以上、今日の親バカ日記でした。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

水口 翼

水口 翼

西新宿でサイブリッジというベンチャー企業のしがない社長をしています。子供は5人。娘3人に息子2人。お酒飲みません。タバコ吸いません。ギャンブルしません。車の免許持ってません。趣味はネット。ここ10年くらい家と会社を往復するだけの生活です。