株式会社サイブリッジ 代表取締役 水口翼のオフィシャルブログです。

メールサーバーをグループウェアと統合、SMTP/POP経由の全てのメールをMySQLで管理できるようになりました


xfmail.png先日の事ですが、メールサーバーを社内で開発しているグループウェアと全て統合しました。いままでは社員全員のメール(受信メール/送信メール)をgmailにBCCで転送し、転送されたメールを私がPOP受信してメールをチェック・管理していましたが当然運用するメールの量もかなり多く、また機密情報も含まれる内容をgoogleに委託して管理するというのもある意味リスクではないかということで今回の移行に至りました。しばらくこのプロジェクトでがんばってくれたS伯さんありがとうございます。

メールのgmail転送はバックアップということはもちろんの事、役員は社内のメールを全てチェックできる目的でもともと創業当初より実施していました。
理由としては以下の通り

■社員のメールクオリティの管理/内容の添削
Eメールというのは実は結構添削をしなければ、とくに新人というのは信じられないような文体でクライアントにメールを送っていたりして、少なくとも送信したあとでも必ず添削して指導・改善できる仕組みは各社必要だと思います。

■CRM/過去のクライアントとの履歴管理
1年前に顧客とやりとりしていた内容が、担当者が退職してしまって全くわからないなんていう状況もよく聞く話ですが、メールを全て保存しておくことでどんなやりとりがあったのかすぐに確認することができます。

■セキュリティ上の理由
他にも(特にベンチャーなど)社内のメール確認もできていなくて、会社のメールアドレスで私用の飲み会の連絡やら合コンのやりとりを頻繁にしてたりなどできてしまっているのが実情ではないでしょうか。私用くらいならいいですが、会社の機密情報をメールで普通に他社に送ってしまったりなんていう事ができないように会社としてメールを管理するのは企業として必ず必要な事だと思っています。

で、いままではメーラーの設定に依存する部分もあったgmailへのBCCで設定ナシで、POPサーバー、SMTPサーバーを経由したメール(及び添付ファイル)を全てMySQLに保存できるようにな形にしました。

サイボウズメールワイズとかがモノとしては近いでしょうか。CRMツール的な拡張も当然可能です。グループウェアと紐付いてもいるので権限に応じて、同僚のメールは検索できる、役員のメールは検索できない。などの管理も当然可能です。

弊社の場合は、電話もアスタリスク(オープンソースのPBX)でIP電話とグループウェアが統合されているので、個人のメールと電話履歴(通話MP3含む)などはまとめて管理できるようになった事になります。

社内ツールで永久β版な状態ではまだあるので、すぐに商用販売はできませんが、いずれは商品としての販売も考えています。興味ある方などはご連絡頂ければと思います。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

水口 翼

水口 翼

西新宿でサイブリッジというベンチャー企業のしがない社長をしています。子供は5人。娘3人に息子2人。お酒飲みません。タバコ吸いません。ギャンブルしません。車の免許持ってません。趣味はネット。ここ10年くらい家と会社を往復するだけの生活です。