株式会社サイブリッジ 代表取締役 水口翼のオフィシャルブログです。

09年3月のオススメマンガ


恒例になるかもしれないし、ならないかもしれない今月のオススメマンガコーナーです。基本的にはこっちのマンガブログの方で読んだものからオススメをピックアップします。

あれですね、早速来月はやらない気がしてきました(笑
結果的に全て、宝島から出てるこのマンガがすごい2009の上位作品ばかりになってしまいました。

ちはやふる

百人一首の競技かるたマンガなんですが、緊張感やらスピード感、友情やら成長やらいろんな要素が詰め込まれていて、グイグイ持ってかれました。実際かるたやりたくなりました。オススメです。
子供の頃、近所の松本くんの家に百人一首あったんですが、憶えるのが無理で、坊主めくりしかやらなかったんですよね。

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス) (Be・Loveコミックス) ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス) (Be・Loveコミックス)
(2008/05/13)
末次 由紀

商品詳細を見る

宇宙兄弟

宇宙モノって事で購入してみたらこれがなかなか面白い。取り扱ってる宇宙開発の内容はMOON LITE MILEに近いんですが、ギャグ要素もちりばめながら読みやすいスタイルになってます。あっちは政治的なパワーバランスとかも含めてマクロな視点で描かれてますが、こちらは今のところ個人目線で感情移入しやすいつくりになってます。

宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC) 宇宙兄弟 1 (1) (モーニングKC)
(2008/03/21)
小山 宙哉

商品詳細を見る

GIANT KILLING(ジャイアントキリング)

社員のMさんのお薦めで読み始めました。キャンプテン翼もシュートも少年マンガをちびっこの頃に読んでなかった水口には実はわりとはじめて読むサッカーマンガなんですけど、元祖スポ根でも熱血でもなくてどちらかというと脱力系なのに熱い感じ。個人を魅せる作品が多い中、戦術的な視点からサッカーを見せている作品です。

GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC) GIANT KILLING 1 (1) (モーニングKC)
(2007/04/23)
綱本 将也

商品詳細を見る

聖☆おにいさん

ギャグマンガって、読まないんですよ。笑いという刹那的な快楽にのみ焦点を置いた、消耗品のようなものだと思っていたわけです(って普段読んでるものもそんな立派なものではないですが。。)が、これは宗教的な背景知識とかを持って読むとさらにふかい味わいがありますね。ブッダとイエスが現代で休暇を取っているという設定のギャグマンガになってます。

聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC) 聖☆おにいさん 1 (1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る

深夜食堂

絵に好き嫌いはあると思いますが、人情系の味わいがある作品です。立ち読みでもいいんで良かったら読んでみてください。

深夜食堂 1 (1) (ビッグコミックススペシャル) 深夜食堂 1 (1) (ビッグコミックススペシャル)
(2007/12)
安倍 夜郎

商品詳細を見る


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。