株式会社サイブリッジ 代表取締役 水口翼のオフィシャルブログです。

<資格取得補助制度>でも社長なのに秘書検定2級には落ちる


どうも。秘書検定2級に落ちた水口です。秘書検定2級を受験してきました。の記事で書きましたが、基礎スキルの習得を目的に新卒に全員受験してもらった秘書検定を調子に乗って便乗受験した社長の水口でしたが、見事に合否は否。で玉砕しました(笑

恥ずかしいですねー、同じタイミングで受験した女性デザイナーも女性プログラマもみんな受かってるのに、見事失注です。次回はリベンジしたいと思います。

資格取得補助制度あらまし

ちなみにサイブリッジでは以下のような資格取得補助制度を発足させています。
結局社会人になると改まって、目的を持って定量的な勉強をする事はなくなるのですが、こういった資格を取るという目的に対して行動をして、学んだり成長したりできるのはマズローの五段階欲求においても、会社にとって知識を増やし業務にフィードバックしてもらうという点においても合理的な手法であると判断しました。

ポイントとしては業務に直接的に関係なくても会社が合格すれば補助するという点です。
たとえば、営業やらWEBデザイナーでも金融知識やら法律知識、住宅の知識なんかもってればその業界の仕事をやるときに意思疎通がとりやすかったりするというメリットも出てくるはずです(きっと)。

資格どんどん取得してスキルアップして転職されてしまうのであれば会社としては困ってしまいますが、スキルアップもさせず、会社の決めたマニュアル通りの枠組みで転職もできないような骨抜き社員を大量生産するのは私としては社員に対してもかわいそうというか失礼かな、なんて思ってもいます。

以下は社内のwikiより全文コピペです。参考にされる企業様あればコピーして使ってください。

資格取得補助制度 制度概要(社内wikiより)

制度について

各人の能力向上を目的とし以下に定める、資格について取得した場合には受験費用ならびに取得のための教材費用(上限5000円とする)を会社で支給するものとす

制度利用のための注意点

  • 取得を証明できるもの、領収書を添付し小口精算より申請
  • 適用をうけるためには、取得を目標とした時点で宣言を行い、所定のwikiに記載を行わなければいけない
    ※事前申告無く資格取得後に申告されたものは対象外
  • 入社以前に取得していた資格については対象外とする。ただし内々定後に所定の手続きを行い取得宣言し取得した場合には支給の対象とする。
  • 購入した書籍については資格取得後は原則 会社の備品として会社の所有物とし、次回資格取得希望者はこれを利用すること。

対象資格の変更・追加について

  • 対象資格については業務との関連性を考慮し、取締役会にて随時決定するものとする。
  • 対象資格については常時受付を行う。その際に資格名称、取得費用、業務における必要性を記載し申請を行うこと。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

水口 翼

水口 翼

西新宿でサイブリッジというベンチャー企業のしがない社長をしています。子供は5人。娘3人に息子2人。お酒飲みません。タバコ吸いません。ギャンブルしません。車の免許持ってません。趣味はネット。ここ10年くらい家と会社を往復するだけの生活です。