株式会社サイブリッジ 代表取締役 水口翼のオフィシャルブログです。

紀里谷和明監督作品 「GOEMON」 見てきました

2009.05.04


main_large.jpg
(C)2009「GOEMON」パートナーズ

渋谷区役所の休日窓口に出生届をに出した後、
副都心線で一人新宿のピカデリーに向かい見てきましたよ、GOEMON。

同じく紀里谷作品のCASSHERN(キャシャーン)が水口的にだいぶツボで、このGOEMONも多いに期待して見に行ったんですが期待を裏切らない内容に大満足です。

キャシャーンもそうなんですが、いわゆる映画としては映像美を楽しむタイプの映画で、男はカッコよく、女性は美しく(と監督が語ってる)
、んでそんな綺麗な世界観を際立たせるための設定やキャラ作りだったりするので映画作品としての評価は低かったりしますが、いわゆるアニメ・ゲーム世代だったりする若者にとってはそういうカッコイイものの延長線にある実写映画として捉えられるのでハマれるわけです。

見せ場となるシーンがそれぞれ、あって、ここで終わりかなと思ったら、まだ続くみたいな感じでボリュームにも満足です。ラストシーンはまぁアレでしたけど全体を通しての映像としての完成度は非常に良かったとおもいます。

キャスティングではキャシャーンとかぶってる人も多く、鶴田真由とかほぼ同じ役割だったりして(笑
広末涼子がこれまたキレいなんですわ。衣装もいい。江口洋介もかっこいいわ。ダイエットして筋肉つけたくなりました。

これはDVD(ブルーレイかな)出たら買いですねー。

繰り返しますが、テレビゲーム的なストーリーと演出なので、好きな人は好きですし、興味無い人は面白くもなんともない映画だと思います。

SFも戦国も好きですが、ガチ戦国ものだと思ってみると全然史実と違うじゃんですし。
→個人的には史実をもっとぶっ壊したストーリーでもいいのかなとは思いましたが。


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

水口 翼

水口 翼

西新宿でサイブリッジというベンチャー企業のしがない社長をしています。子供は5人。娘3人に息子2人。お酒飲みません。タバコ吸いません。ギャンブルしません。車の免許持ってません。趣味はネット。ここ10年くらい家と会社を往復するだけの生活です。